-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_br_bear.gif ←ポチっとお願いします♪ 拍手する

2009-11-30 (Mon) | 旦那様のこと | COM(2) | TB(0)
今日は日曜なのに会社に出勤したオレ・・・
いや、別に平日と間違えて出勤したわけではない
他の部署のミスをカバーするためにオレと杉下が呼ばれただけだ

予定よりも順調に作業も進み
いつもよりも多めの昼休みを杉下といただいた

互いに所帯持ちのため嫁が作ってくれた弁当を食べながら
仕事の話や上司の話をあーだこうだと話していると杉下が

「先輩!」
「ん?」
「オレ、先輩のこと好きなんです」
「っ!」

杉下の瞳に写ったオレが驚愕の表情を浮かべている

「好き、なんです」

開きかけた唇から先ほどの言葉を冗談にすりかえようと試みる前に
杉下がハッキリと真っ直ぐ眼差しでもう一度言った

・・・もう逃げることができない

オレは目を閉じ覚悟を決めた



続きません








さて、上記のちょっとした小話は概ね事実です

旦那様が会社の同僚(既婚者)に告白されましたうふ
ただ一点違うのは恋愛対象としてではなく
よき先輩として好ましいということ

せっかくネタとってきたのに
ブログに書いてもらえないとブツブツ言われてしまいましたかお

ついでなので疑問に思ったことを聞いてみた

しぇる「もし、会社の女の子からのマジ告白だとしぇるに言う?」

旦那様「たぶん言うと思うよ?ネタとしておもしろいしw」
旦那様「ただ、話した後お前とそのコが会わないように必死になると思う」

しぇる「なんで?しぇる別に会うの気にしないよ」
旦那様「いや、お前のそういうところがメンドクサイ・・・」
しぇる「ぇぇぇぇ~なんでよ」
旦那様「お前が知的好奇心でいろいろそのコに聞きそうだから・・・」
しぇる「!Σ( ̄口 ̄;;」

嫉妬だって一応すると思うよ?
ただ、それよりも聞いてみたい気持ちのほうが大きいだけなのに


スポンサーサイト

banner_br_bear.gif ←ポチっとお願いします♪ 拍手する
















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。