-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_br_bear.gif ←ポチっとお願いします♪ 拍手する

2009-10-30 (Fri) | 馴れ初め | COM(0) | TB(0)
最初から読む


マビノギとは違ってこのゲームには職業というものがありまして
偶然にもせるくんとなぎくんは同じ職業の剣を持って敵を倒すというモノ
しぇるは魔法使いをやってたんです

だいたいのゲームでもそうだと思うんですが
魔法使いってHPも低けりゃ
防御も紙なわけで
自然と前衛を盾にしながら戦うというのが一般的なんです

せるくん「しぇるさんはボクの後ろへ!」
しぇる「ありがとう」
せるくん「ボクはしぇるさんのナイトですから!」
しぇる「かお

なんて会話もしたことがあったりあったり・・・
こういうことを日常茶飯事にいい
なぎくんと3人で遊んでると
やたらなぎくんにライバル心を燃やし張り合おうとしてました

そんなある日
珍しくせるくんがINしてこなかったので
ご飯時のため休憩しようと町に戻ったとき
今しがたINしたらしいなぎくんからササヤキが届きました

なぎくん「ちょ!今どこにいる?」
しぇる「え?町だけど?」
なぎくん「オレ今すげ~もの見た・・・」
しぇる「かお
なぎくん「とりあえず、すぐ来い!見てみ?」

よく分からないけれども
とりあえず指定された場所に行ってみた
すると・・・


なぎくん「しぇるさんINしてたから別人だとは分かったんだけど」

しぇる「うん」
なぎくん「なんかこっそり話し聞いてたらせるくんらしいよ?アレ」
しぇる「かおかおかおかおかおかおかおかおかおかお


ソコにいたのは
しぇるのキャラ名を一文字変えただけの
同じ外見をしたキャラでした

全く知らない人と偶然
名前がかぶったんではなく
意図的に名前を似せてきたわけです・・・ハイ

マジないわ
マジひくわ
マジこわい


続きます

スポンサーサイト

banner_br_bear.gif ←ポチっとお願いします♪ 拍手する
















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。