-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_br_bear.gif ←ポチっとお願いします♪ 拍手する

2009-10-27 (Tue) | 馴れ初め | COM(0) | TB(0)
最初から読む

いつものようにサブキャラで遊んでると
数日振りにりっくんがINしてきました

しぇる「ちわっす!」
りっくん「おう!」

りっくん「そういや、なぎ帰ってきてるね」
しぇる「かお
りっくん「今INしてるじゃん?」
しぇる「かお

しぇるはサブキャラでなぎくんと友達登録をしていないため
INしてるかどうかわからなかったんです手書き風シリーズ汗1

しぇる「マジで?どこどこ?」

りっくん「聞いてみるね」

りっくんが連絡を取ってくれて
街で3人で会うことになりました

およそ2ヶ月ぶりの再会
てかりっくんともおよそ半月ぶりの再会w

しぇる「久しぶり~」

りっくん「久しぶりだな」
なぎくん「どちらさまで?」
しぇる「かお
りっくん「ちょwあれだけお世話になっておいて何イッテルンダヨw」
しぇる「なぎくん、ソレ新しいボケ?かお
なぎくん「いいえ、わたしはなぎではありません、別の人です」
りっくん「ハッハッハッハ、お前相変わらず面白いヤツだなw」

どうやら本気でしぇるのことを忘れているわけではなく
そういうプレイを楽しんでるらしい?



当時の心境を本人に聞いてみると
「いや、1ヵ月後って言ったのに復帰したの遅かったし
 もうオレのことなんて覚えてないと思ったんだよ
 それに新しい友達を遊んでるっぽかったから邪魔だろう?
 だから他人としてふるまおうと思ったんだ」





りっくん「ま、それより遊びに行こうぜ~」
しぇる&なぎくん「あいお~」

そんなカンジで復帰をはたしたなぎくん
しかしまだまだせるくんの問題は解決していない・・・
次回、さらなる恐怖がしぇるを襲います




続きます

スポンサーサイト

banner_br_bear.gif ←ポチっとお願いします♪ 拍手する
















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。